スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧加太線紀ノ川橋梁

1914年(大正3年)加太軽便鉄道が和歌山口まで開通した時に架けられた紀ノ川橋梁は1950年(昭和25年)9月のジェーン台風で被害を受け、電車の運行が不能となり復旧されずに1953年(昭和28年)にこの区間が休止となり、1955年(昭和30年)に廃止となりました。

その後、和歌山市が橋脚を修理し河西(かせい)橋として人道橋で復活しましたが、再び橋脚が流され再復旧され現在の形となりました。

河西橋の傾いた橋脚

河西橋の新しい橋脚


1914年(大正3年)に架橋されてから今年で98年が経過します。

参考 
和歌山の鉄道→北島支線

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
プロフィール

kisyuu

Author:kisyuu
和歌山県在住のkisyuuです。

1952年生まれ、趣味は写真撮影と鉄道趣味、まち歩き・・・など。

「老いは脚から」を防ぐための日々のウォーキングの記録などを書いて行きます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。